honobono空

tisland.exblog.jp
ブログトップ

やっこ凧雲

今日で正月気分もおしまい。空を見ながら、小さい頃、雪の上で凧揚げをしたのを思い出しました。
凧糸がなかったので母親から新品のミシン糸をもらい走りながら凧を空に揚げました。その時突然突風が吹き、凧はみるみるうちに上空へ揚がっていきます・・・。
だんだん凧は小さな点になり、手が上下に何度も揺さぶられ、木製の円柱に巻かれたミシン糸はあっと言う間に小さな束になり、最後の一本でプッツリと切れた。
凧は大空の中に吸い込まれ・・・消えてしまった。
子ども心に自然のすごさに感動して、しばらくその空を見つめていた。
d0044722_21562595.jpg

[PR]
by tislandshizen | 2006-01-09 22:01 | 自然~雲

50代後半のおやじがアウトドアを楽しみながら、大空を見上げます。


by tislandshizen